22瞬間くらいからプログラムされていた、リオ五輪のプログラムを見ていました。そのあとに、卓球の遊びがありました。卓球のシングルでした。福原愛情選手が出ていました。仕上がるまでさらに見ていました。ふたたび、卓球はテンポがあるので、あの速さで打てるのは強いなと思いました。そして、修練をしました。細胞について修練をしました。20世紀の下部には、電子顕微鏡などの初々しい技術がずっと開発され、細胞の用途とつくりの全容がわかってきました。約170階層前に提案された「細胞定理」は、現在でもその正しさが一般的に認められています。ふつう弊社が用いる顕微鏡は、光を用いるので光学顕微鏡といいます。電子顕微鏡は光の代わりに電子線を使います。1950層ごろから細胞の洞察に使われるようになりました。細胞には、からだの中でのそれぞれの用途に応じ、また動物の等級により、実にさまざまな形やがたいのものがあります。勉強になりました。http://www.chalkandwire.biz/